こんにちは、まつもと整骨院 院長の松本です。

男性・女性問わず、自分の身体で気になるのはぽっこりと出てしまったお腹なのでは?

ダイエットをして体重は落ちた!

でも下腹部だけなかなか痩せないなぁ・・・という方も多いと思います。

今回はみんなの敵!ぽっこり下腹の解消法についてお話しようと思います。

このブログで書いていること

 

  1. なぜ下腹部が??
  2. やみくもな腹筋運動は効果がない!?
  3. ぽっこり撃退トレーニング!

1. なぜ下腹部が??


一見スマートに見えるのになぜか下腹部だけぽっこり出てしまうという方も多いのでは?
ダイエットやスタイルを維持していく上で一番気になるのはやはりお腹ではないでしょうか?

体重が落ちてもぽっこりと出てしまうお腹の原因とはズバリ!

骨盤のゆがみや姿勢を支えるためのインナーマッスルの低下です!

現代人の生活は椅子に座っての作業がほとんどです。
この長時間の座り作業が原因となり、姿勢を支えるための筋力が低下していきます。

姿勢を支えられない為猫背となり、骨盤も後傾(後ろへ倒れる)してきます。
背中が丸まった姿勢では下腹部が緩み、内臓も下垂してしまいます。
結果、下腹部に脂肪がつきやすくなりぽっこり下腹となってしまうのです。

2.やみくもな腹筋運動は効果がない!?

 

なんとかお腹を引っ込めたいと必死に腹筋運動をしたくなる気持ちは分かります!

ですが仰向けになって状態を起こすよく行われている腹筋運動ではなかなか効果が出ないという方も多いかと思います。

前述したように大事なのは姿勢を支える筋肉(インナーマッスル)です!

身体を不安定な状態にしてキープするような体幹トレーニングを行う事により、インナーマッスルを鍛える事ができます。

いくらダンベルやマシーンを使って筋肉をムキムキに鍛えても、インナーがしっかりしていないと姿勢を支えることは出来ません。

3. ぽっこり撃退トレーニング!

インナーマッスルはスタビライザー(支柱)の役割をしているので、身体の軸となる働きをしています!

つまりこの筋肉が機能することによって座位や立位時の姿勢を支え、猫背やゆがみの予防効果が期待できます。

 

家でも簡単に出来る!

ぽっこり下腹に効果的なエクササイズをご紹介します!

 

①下腹部に効く! 振り子腹筋

dav

dav

1:脚をしっかり伸ばします
2:90°まで脚を上げます
3:床に着かないギリギリで止めます
2→3を繰り返します。10回を目標に行ってみてください!

 

② エルボートゥー(体幹トレーニング)

~正しいフォーム~

・肘とつま先で腕立て伏せのように体を支えます。

背中から脚まで一直線になるよう身体を安定させます。

~悪い例~


腰が反ったり丸まったりしないように注意!
身体を一直線でキープする事で体幹のインナーマッスルを鍛えることが出来ます!

お腹にしっかりと力を入れて身体を安定させましょう!
まずは30秒キープを目標にしましょう。

 

③エルボーニー

エルボートゥーが難しい場合、負荷が低く行いやすいです!

しっかりとお腹に力を入れ、身体を一直線にキープしましょう!

 

ご自宅でも行なえる簡単なエクササイズなので是非行ってみてくださいね!

当院では骨盤調整から姿勢を維持するためのトレーニングまでその人に合ったメニューを作成・指導を行っております。
何かお身体でお悩みがあればいつでもご相談ください!